カッコいいボディになりたければ筋力トレーニングを!

カッコいいボディになりたければ筋力トレーニングを!

カッコいいボディになるには、筋肉を付けて体をデザインすることが必要!

「なんか、お腹がポッコリしてきたから、運動を始めないと・・・」「最近、全然運動する機会が無くなったので、筋力トレーニングでもしなきゃいけないのだけれど・・・」などと、思いながらも、全く何もできないでいる方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな方達の中には、毎日をダラダラ、グダグダに過ごして、どんどん体型が肥満化していても、何もしないで諦めの気持ちに陥っている方も少なくないようです。

 

テレビやファッション雑誌などに登場して活躍している美しくてカッコいいボディのモデルさん達を見て、憧れはあるものの、何もしないでじっとしていることは、ただ不幸の道をまっしぐらに突き進んでいるだけです。

 

気力はなくなり、綺麗な洋服を着てメイクするなど、お洒落して外出する気もなくなり、ネガティブでただ退屈でつまらない毎日をダラダラ、グダグダに過ごすだけの毎日になってしまいます。

 

そんな不幸でつまらない生活から脱出するために、勇気を出して、何かを始めてみましょう。

 

そこで、オススメなのが、筋力トレーニングです。

 

筋力トレーニングだけではなく、他の運動でもいいのですが、習慣的に体を動かすことで気分が高まり、少しつづですが運動の楽しさも感じられるようになり、何かをしようという気分になって、徐々にポジティブな生活に変わってきます。

 

このように、運動は、幸せで楽しい生活を送るための第一歩になります。

 

そして、筋力トレーニングには、さまざまなメリットがたくさんありますが、その一つに、筋肉を鍛えることで、成長ホルモンが多く分泌されるようになることです。

 

この成長ホルモンは、体脂肪の分解を促す他に、新陳代謝を活発にし、肌細胞も活性化するので、女性にとって嬉しい美肌効果が期待できるようになります。

 

本来、成長ホルモンは、10歳代の成長期にたっぷりと分泌されますが、その後は徐々に減って、40歳を過ぎた頃には、肌がカサついたり、シワが目立ったりして老化しますが、筋力トレーニングを行うことで、若い頃のように成長ホルモンが多く分泌されるというわけです。

 

最近は、美容クリニックなどで、わざわざ高額な費用を払って注射で成長ホルモンを投与するそうですが、そんなことは不要になります。

 

また、体の中で、基礎代謝量が最も多く消費される器官は筋肉なので、筋肉量がアップすることで基礎代謝量が高まり、痩せやすい体になって、ダイエットの効果も高まります。

 

そして、筋力トレーニングによって最も大きな効果が、カッコいいボディになれることです。

 

食事制限によるダイエットなどで痩せたことがある方は、感じられたかもしれませんが、ただ細い体は、決して美しくてカッコいいボディとはいえません。

 

美しくてカッコいいボディのモデルさんのようになりたくてダイエットを始めたのに、鏡に映る自分の体を見て「なんか違うなぁ・・・」と思ったでしょう。

 

美しくてカッコいいと言われるボディになるには、筋力トレーニングで筋肉を付けて体をデザインすることが必要で、例えば、美脚になりたいのなら、ヒップ、太もも、ふくらはぎなどの筋肉を鍛えて、引き締め、美脚のシルエットを作らなければなりません。

 

上半身のスタイルをよくしたいのなら、胸、肩、背中、腹筋などを鍛えればいいわけです。

 

ですが、特に女性は筋力トレーニングと聞くと、まだまだ敬遠がちになってしまうようです。

 

「思いダンベルを持ち挙げるような激しいトレーニングは、ちょっと・・・」「筋肉を付けると、ボディビルダーやプロレスラーのようなムキムキの体になる・・・」などという心配する声も上がります。

 

しかし、そんな心配はいりません。

 

ダイエットレベルの筋力トレーニングでは、ムキムキには絶対になりませんし、そもそも、筋肉を成長させるのは、男性ホルモンで、女性にはほとんど分泌されないので、男性のような筋肉ムキムキになることはありません。

 

また、わざわざ高い会費を払ってスポーツジムに通わなくても、自宅で初心者が簡単に行えるトレーニングはたくさんあります。

 

インターネットで調べれば、いろいろなトレーニングが紹介されていますので、それらをマスターして、ぜひ、筋力トレーニングを始めてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム サイトマップ